地味にブログパーツをリニュしました

というわけで、同人用語の基礎知識 で配信しているブログパーツ、「同人時計」 を地味にリニューアルしてみました。 このブログの左カラム上についているのがそうです。
 
何かと世知辛い昨今、苦労して作ったブログを台無しにしてみたい方は、是非お使いになってみてください…。 どうかよろしくお願いします\(^o^)/
 
同人用語の基礎知識ブログパーツ 「同人時計」

| TrackBack (0)

Vista 包囲網ますます。・゚・(ノД`)・゚・。

 あたしも愛用している Panasonic の人気ノートパソコンシリーズ、レッツノートの 2007年冬モデルに、期間限定で Windows Vista Business → Windows XP Professional ServicePack2 ダウングレード用メディアの無償配布サービスがつくらしい。 特殊な用途で使う顧客用のサービスではよくあるダウングレードですが、公式サイトのトップにセールスポイントみたいな扱いで 「Windows XPダウングレードサービスについて」 というバナーと告知がつくのはすごい。 プレスリリースでも、「Vista搭載機ばかりとなったが、これでユーザも選びやすくなると思います」 と長所扱い。 昨今パソコンの売り上げが激減している背景に Vista の不人気もあると伝わってますが、実際バージョンダウンすると互換性やパソコンのパフォーマンスが軒並みうなぎ上りするのがすごい (^-^;)。

リボルテック ダンボー  まぁ XP の登場の時もインストール回数に制限があるとかメモリを食いすぎるとか不評タラタラで、あたしも乗り換えはしばらく経ってからでしたが (SP1 が出てからだったような記憶)、SP2 になって評価はかなりあがりましたし、まぁ現時点では同じハードなら XP の方が当然ながら軽快に動くし、ちょっとしたフリーのアクセサリーソフトやゲームやら古いプリンタのドライバやらは使えなくなっちゃうから、余りメリットはないんでしょうね。 普通の人は 64bit版じゃなく 32bit版だろうから、いっそうデメリットばかりが浮き上がるし。

 うちも仕事柄使わざるを得なくて会社の一台には評価用に入れてますが、自宅のメイン機はメモリ2ギガでも巨大データ扱うと激重なんで、まだしばらく先ですかね。 同僚にもインストール禁止してるしw まぁ設定次第なんでしょうけど。 クライアントさんでパソコンに詳しくない人の相談は、Vista 発表後は激増してるイメージ。 そらメモリ増設もしてない 512MB 機に Vista インスコして動画見ながら Excel だ Word だをいじくってたらパソコンも固まるわな。 開発名 Longhorn まではかっこよかったのになぁ。

 ちなみに個人サイトやら仕事で作って管理してるサイトやら、現在 50前後のサイトのアクセス解析をまとめてますが、サイトアクセスからの OS の占有率は、現在こんな感じで推移してます (23日~30日一週間のデータ、ユニークアクセス数でサイトトップページのみ1カウント)。 一部、無記名であっても契約上外部に情報が一切出せないサイトもあるので、そのサイトの分のアクセスは抜いてありますが、まあいろんなジャンルのサイトごちゃまぜで 300万程度のサンプル数があるので、外部ネット接続可端末という縛りはあるにせよ、わりと正確かなと思ってます。 ご参考までに。

1 Windows XP78.6% 2,501,312 6 Windows 981.4% 47,022
2 Windows Vista7.4% 237,231 7 -AskJeevesJapan0.4% 13,711
3 Windows 2000 5.4% 173,456 8 Windows Server 2003 0.3% 10,374
4 Macintosh 3.7% 119,929 9 Windows CE Windows NT 0.1% 5,783
5 Windows ME 1.8% 59,306 10 Linux 0.1% 4,662

 7位の 「AskJeevesJapan」 は、Ask.jp が配布しているツールバーをインストールしている端末の時に表示されるエラーです (実際は他の OS)。 もちろん XP が圧倒していますが、こうしてみると意外に Vista も多い感じがします。 そのうちまたドライバを徐々に作らなくしたりして移行を促されるのだろうか…。 なおブラウザの占有率は 「Internet Explorer 6.0」 69.5% 、「IE 7.0」 15% 、「Firefox」 4.5% 、「Sleipnir」 2.5% 、「Safari」 2.2% といった感じです。 IE 7 だけ先にバージョンアップしている人は Vista 利用者の倍くらいはいるって感じですね。 うちの会社で作った php プログラムの一部が Vista で誤表示になるので、修正対応がかなり面倒でした。

 Vista の次、2010年ごろリリースとも伝わる爆速 OS の Windows7 が前倒しで出ないかな。 個人ユースなら確実に Vista 飛ばして7に行くところですが、世間で一定以上のシェアを持った以上、Vista は仕事上使わざるを得ませんし、できればその期間がなるべく短いのを期待したいですね。 どうせクラシック表示で使うし、ソフトや周辺機器は古いのを好んで使っているので、あんまりメリット感じないです。

| Comments (32) | TrackBack (0)

実名か匿名か…はたまたハンドルか

知人が横浜美術館でやっているルーブル美術館展 (→こちら) を観にいったんだそう。 ええのぉ…。 7月18日までやってるらしいけど、どうにも行けそうもなさそ。 平日でも結構な人出らしく、平均年齢もやや高めだそうだけど、あたしの好みにガッチリ合致している催しだけに、何とかしたいもんだけど…。 国内の特設展示だけではなく、できれば死ぬまでにルーブル、ウフィツィ、プラド、エルミタージュ、大英博物館、ついでにメトロポリタンあたりは見て回りたいものですが、はてどうなることやら。 長期旅行は実家の留守番を頼まないと行けそうもないし、困ったなぁ。 いやまぁ、嫁さん貰えばいいんだけどw

最近ご機嫌ななめのマックG4くん   総務省が自殺サイトやら薬物、劇物情報サイトやらがあふれ 「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めたと発表。 具体的な方針は見えてこないけど、韓国がやってるみたいに、ネット接続には住民基本台帳番号の入力を必須にするとか、そういう感じでプロバイダを規制してゆきながら、署名記事をデフォルトにしてゆく流れにしたいのかな。

 言葉どおりの実名というより、顕名っつ~か、特定できるハンドルがあればいいのかも知れないけど、匿名性が低いとされる blog や ソーシャル・ネットワーキング・サイトを小中学校の教育で活用するよう求め、匿名での掲示板書き込みなどを規制してゆくつもりなんだそうですが…。 しかしこれ、自殺サイトや爆弾の作り方サイトなんかとはまた別に、完全に 「2ちゃんねる」 あたりも標的にしてますねw

 若い人は知らないんでしょうけど、インターネットも出始めの頃は、実名が中心でした。 アメリカの黎明期はともかく、日本では元々大学の情報共有なんかに使われて広まっていたから、これは当然なんですが (あたしが生まれて初めてウェブを触ったのも10年以上前の某国立大の研究室でした)、「個人情報の悪用」「プライバシー保護」 の観点から、必要に迫られてどんどん個人特定可能な情報を消していった流れがあるんですよね。

 インターネットの前のパソコン通信は、ほぼ匿名性などない世界でしたし、元々実名主義でやってきて、「弊害があまりに多い」 から、個人情報や実名、メールアドレスすらネット上の露出を制限する方向に結果的になっていた訳で、いまさらそれを逆転させることが正しいんでしょうかね。 最初っから偽名を使う気満々の人、実名を出すことになんの躊躇もない少々頭のおかしい人、あるいは何か強力な組織なりグループなりを後ろ盾にもっている人だけが喜び、かつネットで大声でしゃべれる様になる施策だと思うんですが。

 もちろんウェブが登場する前、パソコン通信の時代にも、実名主義かハンドル (匿名) 主義かで、それなりに議論はあったんですよね。 でも、「鈴木一郎」 みたいなありふれた名前と、めったにない苗字や名前では、そもそも平等の実名性が担保されるのか、とか、結婚して苗字が変わったら、それだけで結婚した、あるいは婿養子に入ったって個人情報が漏れるじゃないか、とか、当たり前の意見で実名主義は分が悪かった印象があります。

 またそれとはまったく違ったベクトルの話ですが、リアル世界をことさらにネットに持ってくるのが正しいのかどうか、って意見も結構ありました。 既存の、すなわちリアル世界の権威や権力を新しい世界、ネットで振りかざすのは良いことなのか…といった意見ですね。 これはインターネットの時代になって、匿名性、名無しを支持する有力な考え方でもありました。 大新聞社や大マスコミ、著名人などが、それらの肩書きを使って物をいうのを、ネットの世界では軽蔑していたんですよね。 すなわち書いている者が誰であろうと、それが良いものか、意味のあるものかを判断するのは、書いてある文章こそが全て、肩書きも名前も関係がないという考え方です。

 外から閉ざされたソーシャルネットに関しては、パソ通的な世界への回帰が感じられて、それはそれでアリだと思いますが、そもそも閉ざされたネットワークではなく、外部のネットワークへ有機的につながっているのが便利だからインターネットが普及してきた訳で、ネットのいちジャンルとしてソーシャル系や実名主義は生き残っては行くけど、それが全体を覆うとはとても思えません。 次から次へと生まれてくる新しいサービス、技術を一つ一つしらみつぶしに規制してゆくのではなく、例えばメディアリテラシーの考え方のように、良い情報、そうでない情報、正しい情報、虚偽の情報とを見分ける意識の啓蒙に力を入れる方が、結局は早いような気がします。 いずれにせよ、有害かどうかなんて見る人の基準によって違うんですから、一律で規制、実名にしろってのは無理があるように感じます。

 まぁとりあえずは、「実名にしろ」 と主張している総務省の役人さんが、まずは民間人に先立って、ネットで実名や個人情報をどんどん晒して意見を発表したらいいんじゃないでしょうか。

| Comments (32) | TrackBack (0)

井川りかこ様からのメィル

相変わらずスパムメールがなくなりません。 業務メールを装うスパムも増える一方で、こんなのも来ました。

 
私のアドレスにメールした記憶はありますか
私のメールボックスにエクセルらしき添付ファイル付きでメールが来てたんですが…どんなご用件でしょうか?
送信者アドレスが私の知らないアドレスだったので、何か間違いかと思って。
添付ファイルの内容はもしウィルスだったらと思って開いてません。
4458_sumi_15.xlsと言う名前のファイルです。
もし重要な書類だったらと思いメールしたんですが…。


 焦点のファイル名 「4458_sumi_15.xls」 で検索したところ、これもかなり有名なスパムのようでw、差出人の 「井川りかこ」 さんて方はちょっとした有名人 (ただし架空の人物でしょうが) のようです。 エクセルデータなんかは頻繁にやり取りしますし、うちみたいな個人経営的なちっこい会社ならともかく、大企業なんかだと 「もしかして…」 なんて思う人もいるのかも。

 ちなみにこの 「りかこ」 さん、一度だけメールって訳ではなく、続きのメールが送られて来たりします。

 
添付ファイルの事でメールした井川りかこです。
私の方でもパャRンに詳しい知り合いに聞いてみたりして調べたんですが、多分いたずらかウィルスじゃないかと言う結論になりました。
ただ、開かなかったのでウイルスに感染してはいないようです。
お騒がせしてごめんなさい。


 「パャRン」 というタイプミスが、パソコンに不慣れな、ちょっとおっちょこちょい…テヘッ…な感じがして、少し萌え萌えな感じです。 さらに…

 
井川りかこです。何度もメールしてしまって
無神経かもしれませんが…もし良かったらメル友とまではいきませんがメール交換でもしませんか?
実は先週離婚して今、実家に居るんです。
近くに誰も話相手もいないし。突然届いたメールに返信してしまったと言うのもあるんです。
もし暇なお時間とかあるんでしたら、お話し相手にでもなってくれませんか?
無理にとは言いませんので。気が向いたらでいいです。お返事下さい。


 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 いわゆるバツイチなんですね。 新人OLかと思ったのに…ショックです… (違う)。 次はちょっと長いメールです。

 
メール楽しいですね。井川です(^-^)
実家に居るからと言って親に甘えようと思ってたのですが…出戻りなんだからと言う理由で家事は私がさせられています。
離婚後の良い気分転換だとは思うんですけど。
親には毎日、毎日、言われるんです。
早く恋人の一人でも作ったら?って。
確かにこっちに戻って来てから私の周りには異性の気配がしませんが…気分なんてそう上手に切り替えられないですから…。
それと、思ったんですがやはり私が何処に住んでいるのか気なりますよね?
実は実家と住んでいた家は隣の県なので(^^ヾ
戻っているとは言えない感じです。
ただ、あくまで今はメールでの関係ですからあえてそこは知らなくてもいいのでは?そう思って言わないんです。
もし、これが実際に会うと言う話になるのなら少しは違いますがそれは私は今は考えてないので。
こっちに戻って来てから少し変わったと言えばデジカメを買って色々と写真を撮るようになりました。
風景の写真、空の写真、自分の写真。日記の様に撮っています。
別に何でもないんですが。
新らしい事を始めるのって少しですが違いますよね。
何か今興味あってしてる事ってありますか?
長くなってしまってごめんなさい(^-^;


 物好きな知り合いの話では、この手のメールに返信すると、こちらの内容に対応したメールの返信があるそうで、何度かはやり取りができたりもするんだそう。 まぁ途中で、「私の登録している出会い系はこちらです…これからのメールはこちらでやり取りしましょう」 なんて正体が出てきたりするんだそうですが。

 オレオレ詐欺 (振り込め詐欺) も相変わらず多いようですが、リフォーム詐欺も後を絶たない様子。 そのうち 「オレオレ、事故にあって家をリフォームしないとシロアリで住めなくなるから早く会員登録して空メールして」 とか、何でもありになるかも知れません。

と云うわけで、スパム界…もとい、ネットアイドル界の人気者、「井川りかこ」 ちゃんのメールですが、無事続編が届いております。 日記代わりに転載してみましょう。
 
何だか日課になりつつあります。井川です(^-^)
昨日色々考えてたんですが。男の人ってどういう感覚で女性を見るんでしょう?
やっぱり素敵な女性はどんな状況でも結婚していても一番好きな人がいても抱きたいって思うんですかね?
男の人と女は違いますよね。
逆に綺麗じゃない女性でも抱かせてくれるならそれはそれで受け入れてしまうのでしょうか…。
私自身、22歳で結婚するまでは男性とお付き合いした経験が無かったもので(^-^;
別れた主人が最初の恋人であり、生涯の相手だと思ってたんですけどね…。
写真、撮ったの送ってみたりしたいのですがウィルスとかやっぱり私自身添付ファイルには怯えているので機会があったら見せたいと思います。
今日はなんだか少し脱力していてずっと本を読んでいました。
川北義則著、いちばん大切な生き方 ひとりになって、見えてくることわかること
と言う本です。
本屋さんで見かけてついつい買ってしまったのですが。
正直文字が頭に入って来ないので眺めてる程度でした。
昔は漫画ばかり読んでた自分がこういう本に手を出すのは変化なんでしょうか。


 前回に引き続き、今度もかなり長いメールです。 作家…もとい、井上さんもノリにノッているって感じなんでしょうか。 川北義則さんてダイヤモンド社とか PHP研究所とかからビジネス書とか自己啓発系の本を出している人でしたっけ? 意外な本を読んでいるんですね。
 そしてついに運命(?) のラストレダーが…。
 
井川です。勇気のいる告白ですが…。
このメールアドレスが明日には使えなくなってしまうみたいなんです。
私、メールをしながら錯覚してしまったのかもしれませんが、以前はメールだけの関係と言ってましたが。
正直な意見として会ってみたい。そう思ってしまいました。
勇気がないので…直接伝える勇気の出ない言葉と私の写真を住んでる地域情報サイトに載せました。
サイトの「お相手検索」から「恋人募集」にして、私の血液型「O型」を入れたら検索できるはずです。
名前はそのまま「井川りかこ」で待っています。
http://www2.***************
このURLから見る事が出来ます。
もし、そういう出会いを求めてくれるのであれば私の携帯の番号を教えます。
私のフリーアドレスでも平気だったので簡単に使えました。
それでは、待っていますね。


 …さようなら、井川りかこタン… 。:゚(。ノω\。)゚・。

日記ページからの転載です。

| Comments (20) | TrackBack (0)

「FD」作者が昨年11月に逝去 (ノД`)

FD画面(これは DOS/V 用のです)スラドの記事を見て知りましたが、MS-DOS 時代の有名な高機能ファイラー、「FD (File & Directory tool)」 の作者である A.Idei 氏 (出射厚さん) が昨年11月に亡くなっていたんだそう。 一瞬にして10年前の 「FD」 の画面が目の前に現れて、なんだか懐かしい気分がして、ちょっと悲しくなりました。

 DOS 時代にパソコンを触っていた人にとっては忘れられない便利ツール…というか、革命的なソフトで、あたしも PC-98 時代にパソコン通信で知り合った友人らに薦められ、NIFTY-Serve のフォーラムに行ってダウンロードして使い始めましたが、DOS コマンドを打ち込まなくてもファイル操作が簡単にできるんで (おかげでコマンドほとんど忘れましたw)、かなり愛用していました。 というか、これがないと DOS パソコン使えない人は多かったような気がします。

 Windows 3.1 を使っていても、アセンブラで組まれていたこのソフトはとにかくサクサク異常なくらい軽快に動くソフトだったので、DOS 窓で使うほか、Windows 起動前や起動後に DOS モードで立ち上げて、まとめてファイルの整理をしていたものでした (DLは → こちら)。

 突然 Windows が起動しなくなったり、HDD が物理的に壊れた時なども、「FD」 さえ立ち上がれば、後はなんとかなる!」 という、ものすごい安心感がありました。 サボってバックアップを余り取っていなかったあたしにとって、このソフトによって救われたデータはたくさんあります (このサイトの原型である初期の《ぱら☆あみ》ウェブサイト のローカルデータもこれでサルベージできたことがあります)。 たまに冗談で 「詩織FL」 使っていたのも良い思い出。 ATOK と VZ、Lhasa、MIEL、他に WTERM や Aircraft あたりの通信ソフトとまぐろーだーとか画像ローダがあれば、何でもできたなぁ。

 DOSSHELL の拡張性のある超軽快 超高機能版とでもいうべきソフトですが (といっても、若い人は DOSSHELL 自体がわからないかも…せめて Explorer か… (;_;)、パソコンの構造を視覚的にわからせてくれ、あたしのような へっぽこユーザには神様みたいなソフトでしたね。 現在も Win 版である 「WinFD」(作者は別の方) を愛用している人間は大勢います。 すばらしいものをこの世に残して下さり、感謝しています。 謹んでご冥福をお祈りします。 (この記事は日記ページの一部を転載しました)

| Comments (2) | TrackBack (0)

メンバーズホームページ廃止

喫茶《ぱらだいす☆あ~み~》ウェブサイトは、サイトデータを置いていたプロバイダ @nifty が旧会員用の旧ドメイン URL のみを突然廃止することになったため (メンバーズホームページと MySweetHomepage の廃止)、やむなく7年間使ってきたアドレスを変更しなくてはならなくなりました。

旧アドレス
http://member.nifty.ne.jp/paradisearmy/
は、2004年8月末に接続不能になります (しばらくは案内表示がでます)。

新しいアドレスは、

http://www.paradisearmy.com/

になります。こちらは自家サーバでの運営になりますので、
メンテナンス中はミラーサイト

http://homepage3.nifty.com/paradisearmy/

をご覧下さい (メンテ中は自動転送されます)。

リンクを貼って下さっている方、お気に入りに登録して下さっている方には大変なご迷惑をお掛けして申し訳なく思いますが、どうか URL の書き換え、更新をお願い致します。  それにしても天下の nifty までリンク切れの山を生み出すような判断をするとは…目の前真っ暗で(;_;)

| Comments (1) | TrackBack (0)